冊子「ネットリスクの読み方」に漫画描きました

20140427a.jpg

NPO青少年メディア研究協会様から発行された
冊子「ネットリスクの読み方」に漫画を描かせていただきました。
小中学生向けの内容です。
講演会などで配布されるのだと思います。
今やケータイどころかスマホが主流の世の中、
お子さんをもつ方にとってかなりの心配ごとだよなぁ‥と
描きながら考えさせられました。
子どもにインターネットは必要ないんじゃないか、と思う反面
インターネットでいろんな人が発信しているものに触れて
技術がどんどん向上していったり才能が開花したりもするんじゃないかとも思う。
表現したい人にとってインターネットってとっても素晴らしい場所だとも思うし。
私が今の時代に子どもだったら
ボカロの曲に合わせた動画作ったりしたい!とか
Pixivで漫画UPしたい!とか思って
何かいろいろチャレンジしてみてるんじゃないかな~と。
でもそういう中でもし心無い批判をされたらものすごく傷ついてしまう気がする。
ネットの中の人との距離感もむずかしいと思うし。
いや、ほんと考えてしまいますよね。
インターネットが当たり前な時代になってしまったのだから。
そんなこんなで
どこかでお目にかかれたら光栄です!
20140427b.jpg
にほんブログ村 イラストブログへ
ランキング参加中です

前へ

音を聴く

次へ

だらだらぐったり